英文法の「現在進行形」「過去進行形」を例文で解説 否定文・疑問文の作り方も

現在進行形・過去進行形

今回は、英文法の「進行形」について学びましょう。

「今~しているところです。」「~していた。」といった表現をするには、「進行形」の英文を使います。

今までに動詞については下記の事を学びましたね。

動詞の一般動詞とは? 否定文・疑問文
動詞の「be動詞とは?」 否定文・疑問文
動詞の「be動詞」過去形 否定文・疑問文

進行形の文法を学ぶには、動詞の基礎を覚える必要があります。
「一般動詞」「be動詞」について忘れてしまった方は、もう一度動詞の基礎を勉強してみましょう。

今回は、「現在進行形」と「過去進行形」について解説します。

現在進行形とは

最初に「現在進行形」について説明します。

「~している」、「~しているところだ」と言いたい時に「現在進行形」の文法を使います。

進行形の英文法解説

「主語 + be動詞 + ~ing」の形になります。

She is waiting for you at the restaurant.
「彼女はそのレストランであなたを待っています。」

He is always laughing.
「彼はいつも笑っている。」

“always”という副詞を挟んでいますが、「主語 + be動詞 + ~ing」の形になっています。

You’re kidding me.
「冗談を言っているのでしょう。」
kid:冗談を言う

Taro is taking an English class.
「太郎は英語の授業を受けています。」
take a class:授業を受ける

過去進行形とは

「過去進行形」は「~していた。」と言いたい時に使用します。

「主語 + be動詞の過去形 + ~ing」の形になります。

My dog was running around the tree.
「うちの犬はその木の周りを走っていた。」

“run”の進行形は“running”となり、「~ing」の前の“n”は2個になります。

I was writing letters in English.
「私は英語で手紙を書いていた。」

Luca was searching for the emerald sword.
「ルカはそのエメラルドの剣を捜し求めていた。」
search for:捜索する

Jonne was drinking beer in the forest.
「ヨンネはその森の中でビールを飲んでいた。」

進行形の否定文

進行形の「否定文」を作る方法をお伝えします。

進行形の否定文・英文

否定文は「主語 + be動詞 not + ~ing」の形になります。

He is not sitting there.
「彼はそこに座っていない。」

We are not talking about the news.
「我々はそのニュースについて話しているのではない。」
He was not taking a shower.
「彼はシャワーを浴びていなかった。」

進行形の疑問文

「~していますか?」や「~していましたか?」等の進行形の疑問文について説明します。

進行形の疑問文・英文

「be動詞 + 主語 + ~ing」の形になります。

Are you watching YouTube?
「YouTubeを見ていますか?」
Yes, I am. /  No, I’m not.
「はい、見ています。」 / 「いいえ、見ていません。」

Are you kidding me?
「私をからかっているの?」
No, I’m serious.
「いいえ、私は本気です。」

Is he studying English?
「彼は英語を勉強していますか?」
Yes, he is.  /  No, he isn’t.
「はい、彼はしています。」 / 「いいえ、彼はしていません。」

最後に

「進行形」の英文法についてご理解いただけましたでしょうか?

実践的な英語は何度も声に出して練習し、伝える力・聞き取る力を身に付ける必要があります。

実際に声に出して発音し、自分の意見を伝え、ネイティブの方の返事を聞き取ることができるよう練習をしましょう。

※記載した英文はイギリス人の英語の先生に添削してもらっていますが、誤字・脱字等ありましたら教えていただけると幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました